タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セルコホーム道南/(株)宇佐美建設ブログ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アイメッセージ(o^^o)

2014.04.11(14:40) 272

私達日本人は、断りたい時や残念な思いがある時、我慢して、表現しないでいる人が多く居ます

人によっては素直に気持ちを伝えられない分、我慢した分、嫌味や皮肉を言ってしまい、言った本人も相手も後味の悪い思いをしたり、喧嘩になってしまったり・・・


・・・私はこのパターンにいつも陥ります




でも、こんな時相手も自分もストレスにならず納得しやすい表現を見つけたので、今日はそれをちょっと紹介してみようと思います


その方法は「アイメッセージ」です

アイ、はI・・・私の意味で、アイメッセージとは、主語を『私は』にすることで、相手やその時の状況について自分がどう思ったかを正直に伝えられ、言われた相手も責められたと感じにくく、素直にその事実を認めやすくなります

そして、その逆が「ユーメッセージ」・・・主語を『あなたは』にすることで、相手や状況について事実はどうあれ「あなたのせいで」私は不快になっているという事を感情的に伝えていて、責められたと感じた相手は自分を守るため、委縮したり怒ったりと、お互い嫌な思いをすることになります



例えば・・・


夫婦でよくあるこんな会話

ユーメッセージ
「休みになると(あなたは)ゴロゴロ寝てばかり!」

をアイメッセージに変えると・・・
「あなたが横になっていると(私は)掃除が出来なくて困るの」


母娘でよくあるこんな会話

ユーメッセージ
「(あなたは)今何時だと思ってるの!6時には帰って来なさい!(あなたは)何回言ったらわかるのよ!」

をアイメッセージに変えると・・・
「もう6時過ぎてるよ。外はもう暗いし(私は)すごく心配したよ」



・・・どうですか

同じ事を言っているのに、言われた側の気持ちはずいぶん違うと思いませんか

アイメッセージで言われると相手も素直に認めたり、謝る気持ちになれますよね





・・・とこれを最近心掛けているんですが、実践して気付いたのは、アイメッセージは小出しにするのが大切だな・・・と言う事です

やっぱり我慢の限界、ストレスの限界にきてから相手に言うと、ついつい気づいたらユーメッセージになってしまうんです


なので、ちょっと嫌だな・・・ちょっとこうしてほしいな・・・と思った時点で我慢せずに優しくアイメッセージで伝えて行くことが大事なんじゃないかな・・・と個人的には思います

バラ




セルコホーム道南/(株)宇佐美建設ブログ


<<家、購入しました( ´ ▽ ` )ノ | ホームへ | 実写化♪( ´▽`)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usamikensetu.blog69.fc2.com/tb.php/272-f924b870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。