タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セルコホーム道南/(株)宇佐美建設ブログ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

オシャレな部屋を作るコツ( ´ ▽ ` )ノ

2014.08.04(15:03) 312

こんにちは

どうやら、夏風邪をひいてしまったらしく、喉が痛い今日この頃・・・

バカは風邪ひかないハズなのに・・・

・・・と言う事は、私は実はおバカではなかった・・・

よし、それじゃ、たまにはちょっとインテリチックなブログでも書いてみますか←この発想がすでにおかしいってツッコミはいりません


・・・インテリ・・・インテリ・・・・・・・・・・・インテリア・・・←これについても違うってツッコミはいりません


と言うことで本日はインテリアの記事を書こうと思います



題して「失敗しないオシャレな部屋を作るコツ」


①ライフスタイルを把握する
 どんな風な生活を送っているか、何を大切に考えているのか、どんなイメージが好きなのかを整理して、部屋のスタイル を決めていきます。
 雑誌で見つけた素敵な部屋でも、自分が居心地良く過ごせるとは限りません。
 まずは自分の生活スタイルを把握して、部屋で何をしたいのか、何を置くべきかをはっきりさせましょう。


②テーマを決めよう
 目的がハッキリしたら今度は「どんな部屋にするのか」のテーマを決めます。
 例えば・・・

ナチュラルスタイル
ナチュラルスタイル

カントリースタイル
カントリースタイル

モダンスタイル
モダンスタイル

北欧スタイル
北欧スタイル

ゴシックスタイル
ゴシックスタイル

姫系スタイル
姫系スタイル

などなど・・・
自分のお気に入りのスタイルを決めて下さい


③テーマが決まったら「ベーシックカラー」「サブカラー」「アクセントカラー」の3色を決めよう
 部屋全体の70%をベーシックカラー、25%をサブカラー、5%をアクセントカラーにはいぶんすると、全体のバランスがとれます。
インテリアカラー基準
アクセントカラーを効果的に使うとオシャレ度が高くなります。
逆にアクセントカラーのないお部屋はぼやっとした空間になり、メリハリがなく感じる事があるので、視線の行き場所を意識的に決めたほうがいいです。
しっかりとした『さし色』を少し入れる事によって、メリハリがうまれ、グッとおしゃれになります
アクセントカラー例
この写真のアクセントカラーはパープルのラグですね


④インテリアの高さを統一しよう
 家具の高さを統一することで連続性が出来て、すっきり広い印象になります
インテリアの高さを揃える例


⑤家具は低めのものを選ぶ
 視線が通るように、背の低い家具を選ぶのもポイントです
低めの家具例


⑥『間接照明』と『観葉植物』で上級者に
 間接照明を置くときは、家具の裏側から照らしたり、天井に向かって観葉植物を下から上に照らすなど、あえて空間に
 陰影を作るようにするとお部屋にメリハリが生まれ、リラックスできる空間を作る事が出来ます
間接照明・観葉植物例



・・・いかがでしたか


それでは、本日はこの辺で・・・


セルコホーム道南/(株)宇佐美建設ブログ


<<お休み満喫ー♪( ´▽`) | ホームへ | MOCO’Sキッチン\(^o^)/>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usamikensetu.blog69.fc2.com/tb.php/312-f62e940f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。