タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セルコホーム道南/(株)宇佐美建設ブログ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

2012.3.11

2012.03.13(13:28) 91

こんにちは

おとといは3月11日(日)。
あの魔の東日本大震災から1年が経ちました。

被災地の方々は、どのような思いでこの1年を過ごされたのでしょう。

11日の何日か前から震災関連の番組を多く目にするようになりましたよね。
私は去年の震災を機に、個人的にTwitterを始めました。
多くの震災の情報を知りたかったというのが一つの理由。
もう一つの理由は、今回のような震災が起こり、電話回線が繋がらなくなったとしても、
ネット回線を利用しTwitter上で連絡を取る事が出来るという事からでした。
メディアでは放送されないような衝撃的な情報が、毎日毎日数多くTLに流れてきます。
もちろん全てを信じるというような事はありませんが、そのおかげで私はこの1年間、震災の事、被災地の事、放射能の事を考えない日はありませんでした。

先日拝見した番組で、被災地の方がこう言っていました。

「どうか私達の事を忘れないで下さい。」

1年経ってもまだまだ復興のめども立たず、不便な仮設住宅暮らし。
原発・放射能問題もどうなるかわからない。
思い出のたくさん詰まった心安らぐ家を全て流され、職場や仕事も失い、何よりもかけがえの無い家族を亡くされた方々も数え切れないほどいらっしゃる事でしょう。
その上国にも裏切られ。
現地の方々の計り知れない悲しさ、痛み、辛さ、悔しさは被災された方々にしか分かりません。

しかしあれから今まで、現地の方々や現地の状況をテレビで目の当たりにする度、変わらず心を痛めている人も多くいると思います。
私もそのうちの1人です。

大きな事は出来ませんが、私達が一番続けていかなければいけない事。
さきほどの現地の方の言葉にもありましたが、何よりも「無関心にならない事」ではないでしょうか。
あとは長い目での募金。

そして何が真実か、という事を自分自身で見抜く感覚を養うという事も、重要な事だと学びました。

明日は我が身です。
もういつどこでどんな災害に見舞われてもおかしくない状況のようです。
私は今1人暮らしをしていますので、自分用と、実家の家族用にと防災セットを2つ購入しました。

自然災害は仕方の無い事とはいえ、
これ以上このような震災が起きない事を祈ります。

私はこの2011年3月11日に起きた大震災を、一生忘れません。




セルコホーム道南/(株)宇佐美建設ブログ


<<ジャケ買い | ホームへ | 雪解後減量計画>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usamikensetu.blog69.fc2.com/tb.php/91-31116a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。